YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 ミニバン サマータイヤ 225/55R17 HotStuff クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 8 +45 5穴 114.3


 >  > YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 ミニバン サマータイヤ 225/55R17 HotStuff クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 8 +45 5穴 114.3

ヨシムラ TMR-MJN34キャブ(P/F) Gトラッカー 788-123-6001 HD店


数ならぬ身となおもいそ玉祭り
         はせを

サマータイヤ 17インチ RV-02 RS-10 ミニバン クロススピードプレミアム 5穴 ブルーアース 軽量 YOKOHAMA HotStuff ホイールセット ミニバン 17 +45 ヨコハマ HotStuff 114.3 4本 X 225/55R17 8

 元禄7年6月2日、江戸深川の芭蕉庵にて寿貞尼死去。享年42歳?
 芭蕉の甥の猪兵衛が、寿貞の死を知らせる手紙を芭蕉のいる京都嵯峨の落柿舎に届けた。芭蕉の深い嘆き。

 「」
 元禄7年7月15日、伊賀上野での松尾家の盂蘭盆(魂祭=玉祭)で寿貞にささげた句だった。芭蕉51歳。寿貞の訃報の4か月後、芭蕉逝く(10月12日)。
 寿貞は、我が身を「数ならぬ身」と思うような境涯だったのだろうか。芭蕉は「そんな風に思ってくれるな」と慈しんでいる。玉祭りは魂祭りで、盂蘭盆(うらぼん)の行事。芭蕉と寿貞との間に何があったかわからないが、芭蕉の寿貞への切ない思いが衝撃的に伝わってくる。
 芭蕉がこんな句をささげた女性寿貞とは何者だったのか。芭蕉の深川隠棲と何か関係があるのだろうか。ややスキャンダラスな匂いのする芭蕉と寿貞の関係には興味がつきない。残念ながら、寿貞の肖像はないようだ。

 

 

 1672年、芭蕉29歳、故郷の伊賀上野から江戸に出る。
 芭蕉は SWAGE-LINE スウェッジライン フロント ブレーキホースキット ホースの長さ:30mmロング ホースカラー:ブラックスモーク BANDIT250/V VZ不可(95-00)、藤堂新七郎家の長男・良忠に台所用人として仕えていたが、良忠が亡くなったため仕官の道をあきらめ、俳諧師として身を立てようと決意した。

 江戸での身元引受人である小沢太郎兵衛家で、「書き役」といった仕事をし、日本橋小田原町で間借りしていた。小沢家は日本橋で名主をしており、芭蕉はそこで業務の記録をつけたり、文章の草案を作成する仕事をしていたようだ。(「芭蕉」田中善信 新典社新書)
 芭蕉は34歳の時、江戸小石川の水道工事の監督ないし請負の仕事に従事した。深川の草庵に移るまでの4年間にわたる。監督といっても肉体労働ではなく人夫の管理のような仕事だったようだ。
 なぜ水道工事の監督のような仕事をしたのか。俳諧師芭蕉とどうしても結びつかない。名主である小沢太郎兵衛家の仕事「書き役」の延長なのか、生活のための俳諧から離れようとしたためなのか、単に経済的な理由のためなのか、実際どうだったのか、事情を説明する資料がないし、芭蕉自身もそのことに直接には触れていないのでよくわかっていない。
 この時期、芭蕉は「書き役」とともに、俳諧の宗匠もしており、経済的にはそれなりに潤っていたのではないかという見方もある。俳諧の宗匠として、経済的には「書き役」として、それだけをとれば順風満帆の生活と仕事ぶりだったといえるだろう。
 芭蕉は「寿貞(じゅてい)」という女性と同居して、家庭らしいものを持っていたようだ。だが寿貞とは、後で尼になったときの名前で、その前の名前や寿貞がそも何者なのかもわかっていない。(「芭蕉」 新典社新書、「芭蕉二つの顔」講談社学術文庫、ともに 田中善信著)

 芭蕉37歳。突然、住んでいた日本橋小田原町から、隅田川と小名木川の合流点で元番所といわれたあたりに引っ越した。門人でありパトロンでもある杉山杉風(さんぷう)の下屋敷とも、生簀の番所とも、さらに通行する舟を代官所が管理するための番所の跡地だともいわれている。
 芭蕉が深川に越した時には、寿貞とは生活をともにしていなかったようだ。日本橋では芭蕉のもとにいた寿貞が深川ではいなくなっている。芭蕉と寿貞との間には何があったのか。
 そもそも芭蕉はなぜ、日本橋での安定した生活を捨て、隅田川の向こうの深川村に遁世することになったのか。芭蕉の深川遁世は大きな転機となった事件だが、寿貞とは何か関係があるのだろうか。

 深川隠棲が問題なのだが、これについては別の章に譲るとして、ここでは芭蕉のまわりにちらめく寿貞についてまとめてみる。

 松尾甚七郎宗房(むねふさ)後の芭蕉が伊賀上野から江戸に来たのが29歳のとき。
 江戸くだりに妻を同伴した形跡はない。だから寿貞とは江戸で知り合ったと考える人がいる。いや、彼女は芭蕉と同郷で、芭蕉を追ってあとから江戸に来たと考証する人もいる。彼女は死んでから伊賀上野の寺で供養されているところから、いずれにしても芭蕉とは同郷であったという説が有力なのだが。
 芭蕉を追いかけて江戸に出たか、芭蕉が彼女を連れ出したのか、何かの都合で江戸に出た彼女が再び芭蕉とめぐり合うことになったのか、それはまったく不明。憶測だけが飛び交っている状態が現状。

 次のような説がある。
 やや衝撃的な桃印・寿貞駆落ち説。
 とにかく芭蕉は江戸にでて数年後、どういきさつか彼女と同居していたようだ。31歳頃か。
 芭蕉は伊賀上野から江戸に出てきた後、姉の子供で甥の当時16歳だった桃印(とういん)を連れてきている(芭蕉33歳の頃)。この桃印と ODAX ウインカーポジションデイライトキットホワイト GSX1300R 05-07 《オダックス OXS-1302FFK-WY》、すでに同居していた内縁の妻である寿貞とが不義密通し駆落ちしてしまったというのだ。そしてそれが深川隠棲の原因であったというのがこの説である。
 藤堂藩は、藩民が他藩で仕事をする場合は5年に1度は帰郷して近況を報告する義務があり、それに反すると一族にも厳しい累が及ぶという決まりがあり、芭蕉は桃印の件でそれに対応する必要があった。そのため、芭蕉は苦しんだあげく、桃印を死んだことにし、自らも誰も知らない深川に隠遁したのだと。(「芭蕉」 新典社新書、「芭蕉二つの顔」講談社学術文庫、ともに田中善信著)
 桃印・寿貞駆け落ちの根拠が希薄だが、深川隠棲や寿貞やその子供たちにへの芭蕉の微妙なまなざしや距離感など、それなりの説得力はある。
 だが、寿貞と桃印の年齢差はどうなのか [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L612 (SLP) 20インチ×8.0J PCD:110 穴数:5 インセット:25 ホンダ純正 HONDA CLASSICS シングルライダースジャケット レディース グレー WMサイズ 0SYTH-W33-N HD店、寿貞の3人の子、次郎兵衛・まさ・ふうは桃印の子なのか、疑問も多い。また、桃印を死んだことにし、深川遁世までして桃印の帰郷を免除してもらうようなことが本当に必要な措置だったのだろうか。

 芭蕉隠密説というのもある。
 芭蕉は藤堂藩との関係なしには江戸に出ることはかなわず、芭蕉が日本橋から深川に移り住んだのも、背景に、4代将軍家綱が死去し綱吉が第5代将軍に就任するのにともなった老中の権力争いがあるのだという。大老の酒井忠清が失脚し堀田正俊が大老についた。酒井忠清に繋がっていた藤堂家も逆風をうけ、隠密の体制も大きなリストラをせざるを得ず、芭蕉も深川に移り隠密としての現場仕事をすることになったのだと。隠密はその仕事がら正式に妻をもつことができず、そのため寿貞も内縁のままに置かれたということになる。(「芭蕉めざめる」青草書房 光田和伸著)
 芭蕉が藤堂家からの保護を受けていたり、幕府に繋がる筋からの給金をもらっていて、その筋の仕事の手伝いをしていたという説は、芭蕉にまつわる様々な不思議の説明として、彼の出自を考えればそれなりの説得力を持っている。だが、裏で隠密もどきの仕事の手助けをしていたとしても、それは小石川上水工事と同様、身過ぎ世過ぎのこと、芭蕉にとっては風流の誠を極めようとしたただ一筋の道を揺るがすものではなかっただろう。

 寿貞とは、後で尼になったときの名前だが、寿貞はなぜ尼になったのか。尼にならなければならないような自分と世を厭うような出来事があったのだろうか。芭蕉とは内縁の妻ということだが、実際、どういう生活関係を持っていたのか。それはほとんど推測の域を出ない。

●芭蕉没後210数年も経った明治45年に国文学者で俳人の沼波瓊音(ぬなみ けいおん)が「芭蕉に妾あり」という一文を発表(「俳味」三巻一号)し 、内縁の妻寿貞の存在を紹介した。それにより芭蕉の妻帯説が世に知れることとなった。この発表は、俳聖芭蕉も人の子ということで納得する人が多かったという。
これは風律(ふうりつ)の「小ばなし」に記述されている次の一文を根拠に紹介したもの。
 「寿貞は翁の若き時の妾にて、疾(と)く尼となりしなり。次郎兵衛もつかひ申され由よし。浅談」 「浅談」とは浅尾庵野坡のこと。
 これから推測すると、

YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 ミニバン サマータイヤ 225/55R17 HotStuff クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 8 +45 5穴 114.3







トヨタアルファード10系 02年/05~ -B019-
トヨタアルファードハイブリットATH10W 03年7月~08年4月 -B020-

ホイールメーカー
HotStuff
ホイール名
クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ
ホイールサイズ
17 x 8 インセット 45 5穴 114.3
ホイールカラー
ピアノブラック+ゴールドクリア
ホイール商品紹介
X Speed Premium RS-10
タイヤメーカー
YOKOHAMA
タイヤパターン
ヨコハマ ブルーアース RV-02 ミニバン サマータイヤ
タイヤサイズ
225/55R17 97 W
タイヤ商品紹介
ミニバン専用 ブルーアースRV-02
ヨコハマ
BluEarth
タイヤ種別
サマータイヤ
備考

■4本セット価格です

■ 送料無料 です(北海道・本州・九州)
沖縄等の離島は別途中継手数料をお見積りします。 

■ お届け後 直ぐに使えます( セット 販売 )
組付け、エアー充填、バランス調整後に
お引渡し(発送)致します。

■ 別途取り付け用ナットが必要です。
純正ナットは全てご使用になれません
但し下記の場合は除きます。
(欧州車の場合)
ホイール商品紹介欄に
(純正平面座ナットをお使い下さい)と
記載があり、純正ナットが平面座の場合)

■ チッソガス 充填無料。
当社での組みつけのタイヤ ホイールセット
購入の場合はチッソガスを充填致します。
但し N2 刻印エアーキャップは付属しません
通常のエアーキャップを付属します。

■ ご購入後の商品の変更、返品、交換は
できませんので予めご了承下さい。

■ ご注文の際には マッチング 確認の為、
車種名、型式、グレード、
純正タイヤサイズ、ノーマル車高、ローダウン等
お車情報の詳細をご連絡ください。

■ 掲載している商品画像はイメージです。

■ ホイール サイズ や インセット サイズなどにより、
リム 幅やセンター部の落とし込み部分の寸法が
異なります。
画像イメージと商品現物の相違による返品、
交換は一切お受けできません。
■ 新品 アルミホイール 新品 タイヤホイール 専門店 ホイル付き 4本セット ホイール付き
【17インチ】タイヤホイール4本セット。

お問合せは
株式会社タイヤスクエアミツヤ
繁忙期につき
商品ページ毎の"商品についてお問合わせ”から
お問合せください、お電話でのお問い合わせはご遠慮ください
定休日 日曜日
●●偽サイト・不正コピーサイトに注意●●
悪質な(偽サイト・コピーサイトにご注意ください)
現在ご覧頂いているアドレスが商品画面では、
https://item.rakuten.co.jp/tireshop/商品番号/
現在ご覧頂いているURLが、上記以外で
あれば偽サイト・不正コピーサイトです。

、次郎兵衛は芭蕉の子供ではなく寿貞の連れ子であるということ、母親と一緒に身辺の世話をさせたということ、寿貞には他に夫または男がいたということになる。ただし、野坡は門弟中最も若い人なので、芭蕉の若い時を知る由もなく、これが事実とすれば、野坡は誰か先輩門弟から聞いたということになる。(このあたりに信頼性に問題があるようだ。)
 寿貞に関する記述や資料は極めて少なく、芭蕉とは少なからず深い関係にあった女性であるという以外に、現在でもなおその詳細は謎のままである。
 風律(ふうりつ)の「小ばなし」は残念ながら現存しないという。若い時の「妾」とは何か。若い頃とは芭蕉が藤堂家に仕えていた頃のことを指すのか。江戸の日本橋の8年間の頃なのか。

 甥の桃印と内縁の妻の駆落ち話しはずいぶん現実的で生々しいが、私にはこのほうが芭蕉の人間的現実として納得しやすい感じもする。原因はともかくとして、深川遁世は芭蕉の生き方に大きな変革を迫ることになった事実である。芭蕉はこれにより名声と富を手放してしまうことになるのだが、芭蕉の内で何かが大きく変わった。世捨て禅僧の厳しい修行のような深川隠棲を生き抜くことで、後世の「俳聖」といわれるまでの「芭蕉」が誕生したのだともいえる。

 『数ならぬ身とな思ひそ:寿貞と芭蕉』(新人物往来社 別所真紀子著)では、伊賀上野で幼馴染の芭蕉と寿貞が生活をともにしている様子が描かれている。藤堂藩の思惑を背景に芭蕉と寿貞のほろ苦くも切ない出会いと別れのロマンティクな小説である。この小説では、伊賀上野での2人の生活と別れ、江戸での寿貞の結婚と3人子の出産、夫との死別と出家、芭蕉との再会と束の間の生活、そして死別、それらが扱われていて興味深い。
 寿貞の出家の理由は、かっての芭蕉との関係を自身の夫の死床で告白し、罪深い自分の許しを請うということにある。現代と違って、封建社会での男女の出会いと別れはこれほどシリアスなものなのだろうか。そして芭蕉と出会って、また生活を供にするということになるものだろうか。このあたりについては私は判断するものを持ち得ないが、時代の中でもっと激しい人間ドラマがあったのではと期待する向きにはやや物足りない。

 寿貞の本名はわからない。「尼」をつけて呼ばれるが、いつ脱俗したのかなども不明。ただ、 芭蕉が愛した唯一の女性であることには間違いないようだ。
芭蕉と同じ伊賀の出身で、伊賀在住時に「二人は好い仲」だったという説もあるようだ。江戸に出た芭蕉を追って彼女も江戸に出てきて、その後同棲していたとされる。
 事実としては、寿貞は、一男(次郎兵衛または二郎兵衛)二女(まさ・ふう)をもつが、彼らは芭蕉の子ではないようだ。桃印と寿貞が関係があったとすれば、まさ・ふうは桃印が父である可能性があるが、次郎兵衛は桃印の年齢からいっても他の男の子である可能性が高い。そのことが、芭蕉と寿貞と桃印の関係を微妙なものにしている。芭蕉は上の次郎兵衛を手もとにおいて付き人にような世話をさせていたようだ。

 伊賀上野か江戸日本橋で、芭蕉と寿貞の関係があり、日本橋では内縁の妻=「妾」というれるような関係があったことは事実であろう。その後は何の音沙汰もなくなり、晩年の寿貞は3人の子を抱え、病んで芭蕉庵に住んでいたというのも事実である。寿貞はすでに尼になっていた。尼になったので名を寿貞に変えたのだろう。
 甥の桃印も肺結核に病んで芭蕉庵の病床にあり、元禄6年芭蕉庵にて没。この時、同じ芭蕉庵にて寿貞もやはり結核を患っており、翌年6月に逝くことになる。芭蕉も同元禄7年10月に寿貞の後を追うように逝ってしまう。

 

 芭蕉がかっての内縁の妻の死にささげた句としては、あまりにも悲しく切ない。
寿貞は、我が身を「数ならぬ身」と思うような境遇だったということだが、芭蕉は「そんな風に思ってくれるな」と慈しんでいる。玉祭りは魂祭りで、盂蘭盆(うらぼん)の行事。芭蕉と寿貞との間に何があったかわからないが、芭蕉の寿貞への切ない思いが伝わってくる。
 かって「妾」だったという寿貞に何が起こり、芭蕉との関係はどういうものだったのだろうか。また、寿貞の3人の子供は誰の子だったのか。350年の時を経て事実は歴史の闇にまぎれてしまったようだ。

YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 ミニバン マーク2クオリス サマータイヤ 225/55R17 HotStuff X クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 8 +45 5穴 114.3

●芭蕉からの村松猪兵衛宛書簡(元禄7年6月8日)
 「寿貞無仕合もの、まさ・おふう同じく不仕合、とかく難(二)申盡(一)候(とかくもうしつくしがたくそうろう)。好斎老へ別紙可(二)申上(一)候へ共(こうさいろうへべっしもうしあぐべくそうらへども)、急便に而、此書状一所に御覧被(レ)下候様に頼存候。・・・
 何事も何事も夢まぼろしの世界、一言理くつは無之候。・・・ 」
 寿貞尼の急死の報に接して書いた猪兵衛宛の追悼的な手紙である。猪兵衛は芭蕉の甥で芭蕉に寿貞の死を手紙で知らせた。寿貞尼は、元禄7年6月2日死去。悲報は、6月8日、芭蕉のいる京都嵯峨の落柿舎に届けられた。芭蕉は、上のような手紙を書いて次郎兵衛に持たせて江戸に向かわせた。
芭蕉は7月に帰郷し魂祭りを営み冒頭にあげた「数ならぬ身となおもいそ玉祭り」の句を手向けている。

●伊賀上野の念仏寺の過去帳には、元禄7年6月2日のところに中尾源左衛門が施主になって「松誉(しょうよ)寿貞」という人の葬儀がとり行われたという記述があるという。中尾源左衛門とは芭蕉が藤堂新七郎家に仕えていた頃の同僚で、後に芭蕉の弟子となった。
 「松誉」の文字は芭蕉の松尾家とのなんらかの関係を匂わせているものなのか。6月2日は深川で亡くなった寿貞の命日でその日に伊賀上野で葬儀が行われるというのは理解しがたい。別人の寿貞なのかなにかの間違いなのか。


 芭蕉は桃印同様、寿貞についてもほとんど記録としては残していない。ただ、芭蕉没年の元禄7年に4通の手紙でわずかに寿貞について触れているのみ。
曾良に寿貞が深川の芭蕉庵に移り住むようにしてほしいと頼んだり、寿貞の病状への気遣いなどと、最後は寿貞の訃報を受けての上の「寿貞無仕合もの、まさ・おふう同じく不仕合」の手紙である。病んでいる寿貞に対する芭蕉の心遣いは、やはり並みの関係でないことをものがたっている。
 芭蕉の弟子たちは芭蕉と寿貞の関係はある程度知っているものと思われるが、芭蕉に気遣ってか、桃印や寿貞、その子供たちについてもほとんど書いていない。

 結論的にいえば、
芭蕉に「妾」=内縁の妻がいても少しもおかしくはない。藤堂家奉公中に寿貞と芭蕉の関係があってもおかしくはない、寿貞が他の男と結婚し子をもうけ、甥の桃印と寿貞が駆け落ちしたとしても 2006-2018 Kawasaki KX450F フロント and Rear Sprockets セット (海外取寄せ品)、それもあり得ることだろう。
 次郎兵衛、まさ・おふうの3人は芭蕉の子なのか、桃印か誰か他の男の子なのか、まっ、それはどうでもよいことにしよう。寿貞の子であってみれば、芭蕉にとって子供の夫は誰でもよいことで、寿貞への対応の仕方はほとんど変わらなかっただろう。
 ただ、芭蕉には深い関係のあった寿貞という女性がおり、寿貞には3人の子があり、芭蕉はそれなりに精いっぱい愛情をそそいでいたということだ。それでよいではないか。

 俳諧師芭蕉が俳聖芭蕉になるためには、深川隠棲という契機がどうしても必要であったのであり、その原因が何であったのか、何が芭蕉に深川移転を決意させたのか、あるいは何が芭蕉に深川移転を強いることになったのか、私にとっての興味・関心の所在はそこにある。
 寿貞がそして寿貞と桃印の関係が、深川隠棲を決意させる原因であったという確証はないが、ひとつの可能性としては残る。
 だが、そこに深川遁世のすべての原因があったとすると、「俳諧の誠」を求めようとする深川以降の芭蕉の生き方が見えてこない。やはり、日本橋の生活と寿貞から離れ、俳諧の世界に一筋の道を求めよう、そのためにはすべてを捨ててもよしとする内在する欲求があったはずである。

 何が、芭蕉に深川隠棲を強いたのか。それを調べたいが資料がない。資料がないなかで、そのことについていつかまとめてみたい。芭蕉の大きな転機となった深川隠棲、

YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 ミニバン サマータイヤ 225/55R17 HotStuff クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 8 +45 5穴 114.3

、芭蕉という生き方の秘密がそこに隠されているように思うからである。

   
Honda 16100-ZN1-802 Carburetor (Bk01A B) (海外取寄せ品)
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-78643