>  > 2輪 デイトナ BRAKING ディスクローター/WAVE YA12FID フロント 品番:76445 JAN:4909449408520 ヤマハ 7PSジョグ 1991年

2輪 デイトナ BRAKING ディスクローター/WAVE YA12FID フロント 品番:76445 JAN:4909449408520 ヤマハ 7PSジョグ 1991年

TEDの好きなプレゼンを聞いてヒアリング力をつけよう!

TEDの音声だけをひたすら聞きたいという方へ。英語と日本語のテキストデータも掲載しています 【USA在庫あり】 パワースタンド Powerstands レバーセット 調整可能 アンセム 15年-17年 FLS、FXSB コントラスト 0610-2038 HD店。

ピーエムシー PMC オイルク-ラ-KIT #9-16 J系 下廻 88-1247 JP店

2輪 2輪 JAN:4909449408520 ディスクローター/WAVE 7PSジョグ 品番:76445 7PSジョグ ヤマハ BRAKING 1991年 YA12FID フロント デイトナ

毎日の通勤時間を有効活用しようと、興味のあった英語のヒアリング能力向上のために内容も面白いTED動画を利用しようと思い立つが、ヒアリングに集中したいので動画を省いて音声に英訳と日本語訳をつけてまとめる 【メーカー在庫あり】 京都機械工具(株) KTC 9.5sq.ショートT型トルクスビットソケットセット[8コ組] TBT3S08T JP。

著名な人物や学術・エンターテインメント・デザインなど様々な分野の方がプレゼンテーションを行なっているので内容がとても興味深く、日本語訳だけを読んでも面白い SWAGE-LINE スウェッジライン フロント ブレーキホースキット ホースの長さ:150mmロング ホースカラー:クリア ST250(04-07)。

2輪 RSタイチ デイトナ BRAKING ディスクローター/WAVE YA12FID フロント 品番:76445 JAN:4909449408520 ヤマハ 7PSジョグ サイドテーブル 1991年

  • --/--/--
  • --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています 【DAYTONA/デイトナ】ブラストバリアー バイザーノミ スモーク 【カード払限定/同梱区分:TS1】 。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間由来の水中騒音がいかに海の世界を脅かしているか

  • 2017/05/12
  • 17:56

Kate Stafford: How human noise affects ocean habitats



音声データ




English      日本語訳はこちら



00:13
In 1956, a documentary by Jacques Cousteau won both the Palme d'Or and an Oscar award. This film was called, "Le Monde Du Silence," or, "The Silent World." The premise of the title was that the underwater world was a quiet world. We now know, 60 years later, that the underwater world is anything but silent.


00:38
Although the sounds are inaudible above water depending on where you are and the time of year, the underwater soundscape can be as noisy as any jungle or rainforest. Invertebrates like snapping shrimp, fish and marine mammals all use sound. They use sound to study their habitat, to keep in communication with each other, to navigate, to detect predators and prey. They also use sound by listening to know something about their environment.


01:13
Take, for an example, the Arctic. It's considered a vast, inhospitable place, sometimes described as a desert, because it is so cold and so remote and ice-covered for much of the year. And despite this, there is no place on Earth that I would rather be than the Arctic, especially as days lengthen and spring comes.


01:37
To me, the Arctic really embodies this disconnect between what we see on the surface and what's going on underwater. You can look out across the ice -- all white and blue and cold -- and see nothing. But if you could hear underwater, the sounds you would hear would at first amaze and then delight you. And while your eyes are seeing nothing for kilometers but ice, your ears are telling you that out there are bowhead and beluga whales, walrus and bearded seals. The ice, too, makes sounds. It screeches and cracks and pops and groans, as it collides and rubs when temperature or currents or winds change. And under 100 percent sea ice in the dead of winter, bowhead whales are singing.


02:36
And you would never expect that, because we humans, we tend to be very visual animals. For most of us, but not all, our sense of sight is how we navigate our world. For marine mammals that live underwater, where chemical cues and light transmit poorly, sound is the sense by which they see. And sound transmits very well underwater, much better than it does in air, so signals can be heard over great distances.


03:08
In the Arctic, this is especially important, because not only do Arctic marine mammals have to hear each other, but they also have to listen for cues in the environment that might indicate heavy ice ahead or open water. Remember, although they spend most of their lives underwater, they are mammals, and so they have to surface to breathe. So they might listen for thin ice or no ice, or listen for echoes off nearby ice.


03:39
Arctic marine mammals live in a rich and varied underwater soundscape. In the spring, it can be a cacophony of sound.


03:49
(Marine mammal sounds)


04:05
But when the ice is frozen solid, and there are no big temperature shifts or current changes, the underwater Arctic has some of the lowest ambient noise levels of the world's oceans. But this is changing. This is primarily due to a decrease in seasonal sea ice, which is a direct result of human greenhouse gas emissions. We are, in effect, with climate change, conducting a completely uncontrolled experiment with our planet.


04:35
Over the past 30 years, areas of the Arctic have seen decreases in seasonal sea ice from anywhere from six weeks to four months. This decrease in sea ice is sometimes referred to as an increase in the open water season. That is the time of year when the Arctic is navigable to vessels. And not only is the extent of ice changing, but the age and the width of ice is, too.


05:05
Now, you may well have heard that a decrease in seasonal sea ice is causing a loss of habitat for animals that rely on sea ice, such as ice seals, or walrus, or polar bears. Decreasing sea ice is also causing increased erosion along coastal villages, and changing prey availability for marine birds and mammals.


05:26
Climate change and decreases in sea ice are also altering the underwater soundscape of the Arctic. What do I mean by soundscape? Those of us who eavesdrop on the oceans for a living use instruments called hydrophones, which are underwater microphones, and we record ambient noise -- the noise all around us. And the soundscape describes the different contributors to this noise field. What we are hearing on our hydrophones are the very real sounds of climate change. We are hearing these changes from three fronts: from the air, from the water and from land.


06:10
First: air. Wind on water creates waves. These waves make bubbles; the bubbles break, and when they do, they make noise. And this noise is like a hiss or a static in the background. In the Arctic, when it's ice-covered, most of the noise from wind doesn't make it into the water column, because the ice acts as a buffer between the atmosphere and the water. This is one of the reasons that the Arctic can have very low ambient noise levels. But with decreases in seasonal sea ice, not only is the Arctic now open to this wave noise, but the number of storms and the intensity of storms in the Arctic has been increasing. All of this is raising noise levels in a previously quiet ocean.


07:02
Second: water. With less seasonal sea ice, subarctic species are moving north, and taking advantage of the new habitat that is created by more open water. Now, Arctic whales, like this bowhead, they have no dorsal fin, because they have evolved to live and swim in ice-covered waters, and having something sticking off of your back is not very conducive to migrating through ice, and may, in fact, be excluding animals from the ice. But now, everywhere we've listened, we're hearing the sounds of fin whales and humpback whales and killer whales, further and further north, and later and later in the season. We are hearing, in essence, an invasion of the Arctic by subarctic species. And we don't know what this means. Will there be competition for food between Arctic and subarctic animals? Might these subarctic species introduce diseases or parasites into the Arctic? And what are the new sounds that they are producing doing to the soundscape underwater?


08:12
And third: land. And by land ... I mean people. More open water means increased human use of the Arctic. Just this past summer, a massive cruise ship made its way through the Northwest Passage -- the once-mythical route between Europe and the Pacific. Decreases in sea ice have allowed humans to occupy the Arctic more often. It has allowed increases in oil and gas exploration and extraction, the potential for commercial shipping, as well as increased tourism. And we now know that ship noise increases levels of stress hormones in whales and can disrupt feeding behavior. Air guns, which produce loud, low-frequency "whoomps" every 10 to 20 seconds, changed the swimming and vocal behavior of whales. And all of these sound sources are decreasing the acoustic space over which Arctic marine mammals can communicate.


09:18
Now, Arctic marine mammals are used to very high levels of noise at certain times of the year. But this is primarily from other animals or from sea ice, and these are the sounds with which they've evolved, and these are sounds that are vital to their very survival. These new sounds are loud and they're alien. They might impact the environment in ways that we think we understand, but also in ways that we don't. Remember, sound is the most important sense for these animals. And not only is the physical habitat of the Arctic changing rapidly, but the acoustic habitat is, too. It's as if we've plucked these animals up from the quiet countryside and dropped them into a big city in the middle of rush hour. And they can't escape it.


10:11
So what can we do now? We can't decrease wind speeds or keep subarctic animals from migrating north, but we can work on local solutions to reducing human-caused underwater noise. One of these solutions is to slow down ships that traverse the Arctic, because a slower ship is a quieter ship. We can restrict access in seasons and regions that are important for mating or feeding or migrating. We can get smarter about quieting ships and find better ways to explore the ocean bottom. And the good news is, there are people working on this right now. But ultimately, we humans have to do the hard work of reversing or at the very least decelerating human-caused atmospheric changes.


11:09
So, let's return to this idea of a silent world underwater. It's entirely possible that many of the whales swimming in the Arctic today, especially long-lived species like the bowhead whale that the Inuits say can live two human lives -- it's possible that these whales were alive in 1956, when Jacques Cousteau made his film. And in retrospect, considering all the noise we are creating in the oceans today, perhaps it really was "The Silent World."


11:44
Thank you.


11:46
(Applause)




日本語訳



00:13
1956年にジャック・クストーによる ドキュメンタリー映画が パルムドール賞とアカデミー賞を 受賞しました 『Le Monde Du Silence』 という映画で 邦題は『沈黙の世界』と言います この題名には 水中の世界は 静かであるという前提があります 60年経った今では 水中の世界が静寂とは程遠い ということがわかっています


00:38
水中の音は水の上には 聞こえてきませんが 場所と時季によっては 水中のサウンドスケープはジャングルや 熱帯雨林のように賑やかなこともあります テッポウエビのような無脊椎動物 魚や海産哺乳類は皆 音を利用しています 音を使って生息環境を把握したり コミュニケーションをとったり 移動する際の手がかりにしたり 天敵や獲物を見つけたりします 音を聞くことで生息する環境の状態を 把握したりもします


01:13
例えば 北極です 北極は広大で 生存に適さない場所だと考えられており 砂漠に喩えられることもあります 極端に寒く 非常な僻地であり ほぼ1年中 氷で覆われているからです それでも私にとって 地球上で北極ほど 行きたい場所はありません 日が長くなって 春が訪れる時季は特にそうです


01:37
私にとって 北極は 水面に見えているものと 水中で起こっていることの乖離を 実によく体現している場所です あたり一面の氷は 全てが白と青に覆われ 冷たく見えますし そこには何もありません でも 水中の音を聞けば 耳にする音に 最初は驚きを― そして喜びを感じることでしょう 目に映るものは ただひたすら 何キロも続く氷しかないというのに 耳に聞こえる音からはわかるのです そこには確かにホッキョククジラやシロイルカ セイウチやアゴヒゲアザラシがいるのだと 氷もまた音を発します 甲高くきしむ音 割れる音に 破裂する音や うなる音が 気温 潮流や風の変化に合わせて 衝突し合い こすれ合うたびに鳴るのです 極寒の冬には 100%海氷に覆われた その下で ホッキョククジラが歌を歌います


02:36
そんなことは予想もしないでしょう なぜなら 私たち人間は とても視覚的な生き物だからです 全員ではなくとも 多くの人々が 視覚を頼りに この世界を生きています 水中に住む海産哺乳類にとっては 手がかりになる化学物質や 光が伝わりにくいため 音でものを「見る」のです 音は水中での方が 空中よりも ずっとよく伝わるので かなり離れていても 信号を聞き取ることができます


03:08
これは 北極では特に重要です なぜなら 北極に生息する海産哺乳類は お互いが出す音だけでなく 環境に存在する手がかりをも聞き取って 行く先に厚い氷や氷のない水面があるかを 確認する必要があるからです 考えてみてください ほとんどの時間を水中で過ごすとはいえ 哺乳類なので 水面に出て呼吸する必要があります 薄い氷や氷のない場所を 音を頼りに探したり 近くの氷の反響を聞いたりすることも あると考えられます


03:39
北極の海産哺乳類は 水中に存在する 豊かで多種多様な音に囲まれています 春には 様々な音が入り乱れて 混沌としています


03:49
(海産哺乳類の出す音)


04:05
でも 氷が完全に凍っているときや そして 気温や潮流の 大きな変動がないときだと 北極の水中の環境音は 世界の海の中でも 最低レベルの小ささです でもこれが変わりつつあります これは主に季節海氷の減少に よるもので これは人間の温室効果ガス排出が もたらした直接の結果です 私たちは 実際のところ 気候変動によって 地球を対象に まったく制御できない実験を 行っているようなものです


04:35
この30年で 北極圏では 海が氷に覆われる期間が 年間で6週間以上 場所によっては4か月も減少しました 海氷の減少は 時に 開氷期の増加と 言われることもあります つまり船舶が北極圏を 航行できる季節です そして 海氷面積だけでなく 氷の年齢や厚さも 変化しつつあります


05:05
季節海氷の減少によって 海氷に依存している動物の 生息環境が失われていると 聞いたことがあるかもしれません 例えば アザラシやセイウチ ホッキョクグマなどです 海氷の減少によって 沿岸部の村における海岸侵食も進み 海鳥や哺乳類にとっての エサの量も変化しています


05:26
気候変動と海氷の減少によって 北極圏の水中のサウンドスケープも 変化しています 「サウンドスケープ」とは何でしょうか? 私たちのように 海の音を聴く 仕事をしている人たちは 水中聴音器という道具を使います 水中マイクのことです 私たちは環境音― つまり周囲のあらゆる音を録音します サウンドスケープとは この雑音の集合を構成する― 様々なものを表しています 水中聴音器から聞こえてくるのは 気候変動そのものの 切実な音なのです この変動の音は 3種類の空間から聞こえてきます 空中から 水中から そして陸地からです


06:10
まず 空中の音です 風が水面に当たって 波が生まれます 波は泡を生み出し 泡は弾けます 泡が弾けるときには 音がします 遠くで聞こえる「シュッ」とか 「ザーッ」という音が近いです 北極圏が氷に 覆われているときには 風が出す音は 水中には届きません なぜなら 氷が大気と水の間の 緩衝物となるからです 北極圏の環境音レベルが 非常に低くなり得るのは このためです 季節海氷が減少したせいで 今や 北極圏がこうした波の音に さらされているだけでなく 現地で起こる嵐の数や その強度がどんどん 増加しています これらは全て かつては静かだった海の 騒音レベルを引き上げているのです


07:02
次に 水中の音です 季節海氷が減ったため 亜北極生物がより北へと移動し 水面が広がったことで生まれた 新たな生息地を利用し始めています 例えば ホッキョククジラには 背びれがありません 氷に覆われた水中で生活し 泳ぐように進化したためです 背中に出っ張ったものがあると 氷の下を移動するのには 邪魔になりますし 氷のある場所では 生活できないかもしれません しかし今や どこの水中音を聞いても ナガスクジラやザトウクジラ シャチの出す音が 今までよりも さらに北の方で より寒い季節になっても 聞こえてきます つまり これは 亜北極生物による 北極圏への侵入の音であり これがどういうことなのか まだわかりません 北極生物と亜北極生物の間に エサを巡る争いが起きるのか? 亜北極生物が北極圏に 病気や寄生生物をもたらすのか? それらの生物がもたらす 新しい音が 水中のサウンドスケープに どう影響するのか?


08:12
3つ目は 陸地からの音です 陸地とは つまり人間です 水面域が広がれば 人間が 北極圏を利用する度合いが高まります ついこの間の夏には 北西航路を巨大なクルーズ船が 通過しました これはかつて欧州と太平洋をつなぐ 伝説的な航路でした 海氷の減少によって 人間が北極圏に より頻繁に出入りするようになります 石油やガスの探査や採掘の増加や 貨物の輸送経路としての可能性の拡大 観光産業の増加をも 招いています 船舶の音はクジラの ストレスホルモンを上昇させ 採餌行動をかく乱し得ることが わかっています 空気銃は「ブーン」という 低周波音を 10秒か20秒ごとに 大音量で出し クジラの遊泳パターンや 発声パターンを変えてしまいます これら全ての音源のせいで 北極圏の海産哺乳類が コミュニケーションをとるための 音響空間が減少しつつあります


09:18
北極圏の海産哺乳類は年間で 特定の時期に騒音が増えるのには 慣れています しかし その音源は 主に他の生物や海氷です こうした音と共に 進化を遂げてきたのであり こうした音は 生存そのものに不可欠です 一方で新しい音は大きいうえに 聞き慣れない音です このような音が環境に与え得る影響には 私たちが理解していると考えているものも 理解していないものもあります 繰り返しますが このような動物にとっては 聴覚が最も重要な感覚です 北極圏における物理的な生息地が 変化しているだけでなく 音環境としての生息地もまた 変化しています まるで動物たちを 静かな田園地帯からつまみ出して ラッシュアワーのさなかの 大都市に連れてきたも同然です 動物たちは逃げられません


10:11
では 私たちには今 何ができるでしょうか? 風速を緩めることはできませんし 亜北極生物の北への移動を 食い止めることもできません しかし 人間が出す水中騒音を 減らすという解決策に 現地で取り組むことはできます 解決策のひとつは 北極圏を横断する船の 航行速度を落とすことです 船舶の速度を落とせば より静かに航行できるからです 繁殖や採餌、移動に重要な季節には そのような地域への立ち入りを 制限することもできるでしょう 船舶をより静かにするよう工夫して 海底を探査する方法を 改善することもできます 朗報としては 今まさにこの問題に 取り組んでいる人々がいます しかし最終的には 私たち人間が努力をして 人間が引き起こした大気変動を 巻き戻すか 少なくとも その進行を遅らせることが 必要不可欠です


11:09
水中の静かな世界という考えに 立ち戻ってみましょう これも全くあり得る話なのです こんにち北極圏を泳いでいる クジラの多くが 特にホッキョククジラのように 寿命の長い種であれば― イヌイットに「人間の2人分生きる」 と言われているくらいですから― ジャック・クストーが映画を撮った 1956年に このクジラが 生きていたこともあり得ます 振り返ってみれば 現在私たち人間が海中で 出している騒音の多さを考慮すると 当時は本当に「沈黙の世界」 であったのかもしれません


11:44
ありがとうございました


11:46
(拍手)

人類愛、名声、愛についてホーム 最善の自己と最悪の自己の生物学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-48837